IT系で求めているのは技術スキルだけではない

まず、IT系で求められているのはプログラミングなどの能力であると勘違いしている人は採用されにくいと考えられます。

IT系の仕事でまず思い浮かぶものとして、プログラミング言語を用いてパソコンの画面に、ただひたすらパソコン上でプログラムを組むプログラマーを上げる方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。勿論、それだけに特化した求人もありますが、これはIT業界であくまでも1つの職種に過ぎず、他にもシステムエンジニアやネットワークエンジニアなど多岐に渡っており、これらの職種で必要なスキルはプログラミング言語など技術的なものよりも相手間の交渉を円滑に進められるなどのコミュニケーションスキルに重きを置くことが多いです。

したがって、このようなことを理解せずに、ただ学生時代に打ち込んだプログラミング言語や表彰のことなどの自己アピールが強く、チーム内で作業をやってきたなどコミュニケーション面に触れていない内容をアピールする人はIT業界での採用は厳しいと考えられます。

目まぐるしく変化するIT業界の人材

日々IT技術が進化している現代において、IT人材の需要が大きく増えており、売り手市場と言われる現代においてもなかなか仕事が決まらない人がいる事も事実です。企業から採用をなかなかもらえない人材の特徴としては、新たな知識が乏しく、一昔前のITリテラシーで止まっているケースです。常に新しい技術をより効率的に企業へ導入する事が重要とされる業界において、現代に合った知識がない場合はIT業界では致命傷にもなる事があります。そのため、常に新たしい知識を身に着ける習慣をつける様にしましょう。そしてIT業界の特徴の一つとして、プロジェクトを何か担当したり、プロジェクトに関わった事がある人材が重宝されるケースがあります。そのため、過去にどの様なプロジェクトに携わったのかを職務経歴書に記載する事も重要です。常に移り変わる時代の中でITの技術と経験は採用面接の中でも大きな意味を持ちますので、選ばれる人材になるためにもこの2点には注意をしておくと良いでしょう。