IT業界の転職採用されないタイプとは

IT業界へ転職したいと考えている場合、まず採用されるにはどうしたらよいか、しっかり考えた上で転職しているかどうか、面接時にはきちんとチェックします。転職を何故希望したか、そして入社後にどのようなことをしたいかなど明確になることは重要なポイントになります。計画性を持って転職することは何より重要になりますし、やはり目的をきちんと持つことで魅力的な人材だと判断する基準になります。今までの仕事のスキルや経験、保有している資格なども重要なポイントになりますし、やはり総合的に判断して魅力的な人材かどうか、とても大切な部分になります。IT業界はチームワークも重要になるため、ある程度のコミュニケーション能力も判断することになります。製品の作り込み作業のときはお互いの意見を伝えていくことになるため、きちんと状況を伝え判断することは何より大切になりますし、色々と充実した技術を提供することで作業がまとまっていきます。

未経験でIT業界への転職で採用されないケース

未経験でIT業界へ転職したいと考えている方も沢山います。未経験採用も多々ありますが、やはり未経験の場合、年齢なども大きく影響します。例えば年齢が40代や50代でIT系未経験のケースは、採用が厳しくなることが多いです。転職後はスキルを習得して職場で活躍してもらいたいため、年齢が30代までの方を希望しているケースが多いです。40代以降になると経験者採用する場合は、スキルがある管理職を希望することが多いため、全くの未経験者の採用では、対象外になることが多いです。年齢制限を設けていることもあるため、IT業界で40代以降の方が転職活動する場合には、きちんと詳細を確認した上で転職を検討すべきです。未経験の採用は入社後に伸びるかどうかなど、きちんと確認することも重要になります。IT業界では、様々な知識が必要になるため、頭が柔らかい方や経験者などは優遇されますし、顧客対応などでスピーディに行うことも重要になります。

IT系の転職で採用されないタイプとは

IT系へ転職希望する方はとても多いです。IT系の経験者求人は、かなりの人数の方が応募してきますが、採用されないタイプの方は必ずいます。キャリア、資格、スキルを持っている方でも転職を何度も繰り返している場合は、また入社後も転職を繰り返すのでは?と思うことがあり、やはり採用は避ける傾向にあります。どうしてこの会社へ転職したいと思ったかなど、面接の際には質問しますが、入社後は仕事を覚えたり、新たなキャリアを積んでいくことになりますが、しばらく経った頃、せっかく仕事を覚えて環境に慣れた頃に転職されるのは、会社としてとても厳しい状況になるため転職数が今まで沢山あるケースは採用を避ける場合が多いです。なぜ、何度も転職を今まで行ったのか質問することもあり、やはりその点で採用をジックリ検討することになります。会社としては、人を育てることは重視しているため、簡単に転職されるのは厳しい環境になると実感しています。

IT業界はコミュニケーション能力が必要

IT業界は今成長を続けている業界です。そのIT業界に就職したい人も多くいると思われますが、中にはIT業界にはそぐわない人もいます。そうした人は中々採用されずらいのが現状です。まずどの業界でも同じですがコミュニケーションがとれない人は採用されないのが現状です。これは面接時にチェックされます。面接官は面接のプロです。多少のごまかし程度ではコミュニケーション能力不足は隠し切れません。IT業界はPC業務のイメージが強いですがシステムエンジニアなどはコミュニケーション能力を強く必要とします。それは顧客と多くコミュニケーションをとる業務である為です。次はPCが全く使えない人です。IT業界はPCの知識がないと就職はできませんが、営業なら転職できるとおもってやってくる人もいます。しかし現在営業においてもPCの知識はある程度必要です。少なくても最低限の知識は必要でしょう。そこらへんを気にする面接官から面接時に問われるので知識がないとボロが出て落とされることも珍しくありません。

動的なサイトを作れない人は採用されにくい

静的なホームページしか作れないデザイナーがアプリも制作しているホームページ製作会社に採用される可能性はあまり高くないです。静的なホームページは素人レベルのスキルでもなんとか作ることができるのであまり単価が高くないです。逆にホームページにプログラミング言語で作ったコードを埋め込むことにより動くような動的なサイトを作るのは難しいので単価が高いです。そのため、ホームページ製作会社が単価の高い動的なサイトを作りたいと思うことがありがちです。動的なサイトを作るために必要なプログラミング言語を覚えることはすぐにはできないので、プログラミングが出来ない人を雇いたいと思わない会社もいます。そのため、静的なサイト作りが得意なデザイナーは動的なサイトを作れるようになっておくと高い報酬の採用されやすいです。phpは比較的覚えやすいプログラミング言語なので静的なサイトしか作れないデザイナーでも短期間で身につけることが可能です。

クライアントから依頼されたものを作ったことがない人は採用されにくい

IT系の企業に就職すると高い給料が望めるので非常に人気が高い職種です。しかし、高い給料をもらえるような企業に勤めたいならば高いスキルを持っておく必要があります。プログラミングやサイト作りは個人でもできるので趣味でアイトやアプリを作っている人がIT系の企業に勤めたいと思うことはよくあります。しかし、趣味レベルのサイトやアプリしかつくったことがない人が採用される可能性は低いです。やはりクライアントから依頼されたサイトやアプリを作ることと個人が趣味レベルで作るものとは全く違います。クライアントから依頼されたものを作るには期限を守らないといけないし、自分の持っているスキル以上のことでも調べてしないといけないことがあります。そのためクライアントから依頼されたコンテンツを作った実績がない人がIT系の企業に就職しようとしても上手く行かないケースがあります。もし実績を作りたいならば短期でホームページやアプリ制作会社にアルバイトなどとして勤めてみると良い経験ができます。

なかなか見つからない転職先

大学を卒業して IT企業に就職してから5年の経験を積みました。プレイヤーとしての能力しかなく1分野での開発しか行ってこなかったので転職は難しいかと思いましたが年齢的にもいちど次のステップを経験すべきだと思い転職を決めました。しかしながら実際に転職市場は売り手市場とは言えこんなに就職が厳しいとは思いもしませんでした。なんといっても自分自身が転職にあたっての明確な理由を答えられなかったこと、そして記念館で成し遂げてきたことが1分野だけであまりにも幅が狭かったことが理由でした。しかし、自分自身ではコミュニケーションの能力も含めて、社会人として、ビジネスマンとしての素養は備えてきたつもりです。要するに技術者としての尖った能力を磨いてこなかったことが問題だということもなとなくわかっていました。しかし、ゼネラリストよりもスペシャリストの方年齢で業界で働くためには有利であることも身を以て今理解しながら転職活動中です。

転職の理由が答えられないとだめ

IT業界に限ったお話ではありませんが、色に当たって面談の時にきちんとした理由が答えられないタイプは採用したいとは思いません。なんといってもIT業界は特殊な働き方を行うこともあり何らかのトラブルがあって転職をすることが多いからです。もちろん自分自身のステップアップのために転職を行うということが明らかに分かれば問題なく採用したいとは思いますが、このタイプではなければ優れた実績やスキルを持っていても採用するのは厳しいと考えなければなりません。
実際にIT業界で転職の面談にあたってはきちんとした理由を説明できるかどうかは面接官としても聞いていればすぐにわかるところです。虚偽の回答するような場合は間違いなく採用できません。
対人コミニケーションや何らかのトラブルで転職を行わざるをいかなくなったタイプに対しては追求をしてしっかり突き止めることを採用側としてもミッションとしたいと考えています。厳しいようですがこれが仕事です。

コミニュケーションが苦手なタイプ

コミニュケーションが苦手なタイプ、もちろん理系出身でIT系の企業でしか働いたことがなければどうしてもタイプの人が多くなりますが転職組組でビジネスを任せるにあたっては採用する側の立場としては非常に難しいところです。なんといっても今は1人で仕事を回すことが難しい状態です。チームやプロジェクトとしてクライアントの仕事を請け負っている以上、しっかりしたコミニケーションをとることができなければビジネスを回すことができません。特に転職組で人脈もない中から社内とは言え仕事を始めるにあたってはコミニケーションが取れなければ間違いなく同じように失敗を繰り返すことになるからです。
営業的なセンスが求められるようなレベルではなくても構いませんので対人コミニケーションがきちんととれる、面と向かってだれとでもきちんとした会話ができると言うタイプでなければ、いかに優れたIT技術者であろうとも採用は厳しいと考えています。

実際にいたWeb業界で採用したくないと思われる人

私はWeb制作会社でディレクター/プログラマーの仕事
を数年しています。採用面接にも何度か立ち会いました。
その中で不採用になる人には2つのポイントがあると思いました。

1、コミュニケーション不足
これはなぜかプログラマーに多いのですが、、
人との会話が苦手だったり、伝えるのが下手だったりする人です。
プロジェクトは基本的にはチームで動くものなので、
デザイナーや、ディレクター、稀にクライアントとも接する機会があります。
難しいシステムの内容を簡単にわかりやすく伝え、
共有させる能力を持っているプログラマーは重宝されます。
高いコミュニケーション能力はプロジェクトを円滑に進めます。

2、自分のデザイン、コードを説明できない
デザイナーに、「なんでここのデザインは赤にしたの?」
と聞くと「なんとなく」という感性だけでデザインしている人が稀にいます。
それではディレクターや営業の方が、
クライアントに「この赤は御社のイメージカラーと情熱という意味を込めて..」
という口説き文句が使えません。
こういうデザイナー志望の方はよく落とされていました。

また、プログラマーに「ここのソースコードがどういう処理をしているか説明してください」
と聞くと、うまく答えられない人が稀にいます。
そういう場合は大抵仕組みを理解せずに、どこからかコピペしている人が多いです。
そうなると、もしシステムにバグが起きた際に中身の処理内容が理解していないと、
なかなかバグを発見できずに大きな損害につながります。
こういったプログラマ志望の方もよく落とされていました。

以上の2点がWebでは採用したくないと思われる人だと思います。