IT系就職、転職に採用されない人

わたしは、システム開発をしています。システム開発の就職や転職で採用されない方は、仕事の内容がよくわかっていない人だと思います。面接などしていると、ただのデスクワークだと勘違いしています。システム開発は、デスクワークですが毎日が勉強の連続ですし、仕事の状況によって納期が間に合わないことになれば売り上げにならないので、自社に何日も寝泊りすることも当たり前にあります。机を並べて、その上に寝たりとかもします。目も疲れますが、体力的にも忍耐力のいる仕事です。実際に、わたしは仕事をしずぎて白内障になってしまいました。目の負担がものすごくある仕事なのです。あと、面接をして話ができない人がたまにきますが、その人は採用されません。この業界は、こもって作業をすることが多いので人とコニュニケーションを苦手な人も多いです。しかし、仕事もらうために外注先で面接を受けるときに受け答えができないと仕事がもらえないので、そういう人はIT系に採用されないと思います。

IT業界転職においてもコミュニケーションは大事

IT系への就職および転職において、「よっぽどの事情がない限り確実に採用されないであろう人」と言えば、やっぱり「人並みのコミュニケーションが取れない人」ですよ。

IT業界は技術屋さんが多いという印象からかコミュニケーション能力が乏しい人でも仕事ができていけるというイメージを持っている人も多いでしょうか。

しかし実際は違うんですから。その度合いにもよりますけれど、やっぱり「人並みのコミュニケーションが取れること」は、とてつもなく大切なことですよ。

逆に言えば、一般レベルのコミュニケーションも取れないようでしたら、会社では扱いづらいものですし、それにプロジェクトとして仕事をする場合に、コミュニケーションが取れないことは死活問題ともなりますので、そういった人は採用を見送りますね。

面接という短時間においても、「あ、コミュニケーション能力に難アリだな」と思ってしまうような人は、よっぽど人がいない場合を除いては、採用を見送るでしょうね。残念ながらIT業界においても、コミュニケーションを取れない人はやっていきづらいかと思います。

コミュニケーション能力が低い人の転職採用は難しい

IT関係の職種への転職でも、他の業界と同様に転職回数が多かったり、部門内のコミュニケーションを築くのが難しいことが面接などを通じてわかったりした場合、採用したくないと思われても仕方ないと思います。

なぜなら、IT関係の職種にはシステムエンジニアやネットワークエンジニアなど多岐に渡りますが、いずれの場合も、一つの製品を作っていく中で、チーム間の情報共有などの連携は欠かせないものであり、場合によっては顧客との折衝もあり、これらを熟すにはコミュニケーション能力が低いと難しいからです。

また、転職回数が多い場合も短期間で会社を辞めてしまうのではないかという心配があり、部門間でコミュニケーションを築くには3年など、ある程度の年数が必要な場合が多いため、チームメンバーの一員としての役割をしっかり果たせない人とみなされるケースも十分にあります。

逆に、面接などの選考過程において、チーム内で果たしてきた役割や顧客との打ち合わせの際、円滑に物事が進む手法などの実績をアピールすれば、転職回数が多くても有利に働く可能性があります。

IT会社においても不健康な人はノーセンキュー

IT系への就職においても、健康状態が悪そうな人はそこは「ノーセンキュー」だという傾向はありますね。私がIT関連会社で面接試験を担当している一人であった時も、やっぱり「健康状態が良好であること」は重視しましたから。

IT関連会社にしてもそうなのですが、デスクワークの仕事となりますと、健康状態が良くなくてもできると勘違いしている人もいるのですよね。そしてIT関連会社となると、「たとえ健康状態が良くなくても、パソコンが使えればできる」ぐらいの勘違いをしている人もいるわけです。

しかし、そこで私はきっぱりと「それは違う!」と言いたいわけです。「デスクワーク」は机の前に座っているだけではないですからね。座っていても頭はフル稼働させていないといけないのです。

ですから体力は必要です。それにパソコンが使るだけでは、「はい、じゃ仕事お願いします」なんて任せることはできませんからね。それに教え込むにしてもまずは「体力」ですから。長丁場の作業となればひたすら体力との勝負です。だからこそ、IT関連会社においても、健康そうな人は好まれるのです。そして反対に不健康そうな人は…ノーセンキューとなりますね。

IT業界の転職採用されないタイプとは

IT業界へ転職したいと考えている場合、まず採用されるにはどうしたらよいか、しっかり考えた上で転職しているかどうか、面接時にはきちんとチェックします。転職を何故希望したか、そして入社後にどのようなことをしたいかなど明確になることは重要なポイントになります。計画性を持って転職することは何より重要になりますし、やはり目的をきちんと持つことで魅力的な人材だと判断する基準になります。今までの仕事のスキルや経験、保有している資格なども重要なポイントになりますし、やはり総合的に判断して魅力的な人材かどうか、とても大切な部分になります。IT業界はチームワークも重要になるため、ある程度のコミュニケーション能力も判断することになります。製品の作り込み作業のときはお互いの意見を伝えていくことになるため、きちんと状況を伝え判断することは何より大切になりますし、色々と充実した技術を提供することで作業がまとまっていきます。

未経験でIT業界への転職で採用されないケース

未経験でIT業界へ転職したいと考えている方も沢山います。未経験採用も多々ありますが、やはり未経験の場合、年齢なども大きく影響します。例えば年齢が40代や50代でIT系未経験のケースは、採用が厳しくなることが多いです。転職後はスキルを習得して職場で活躍してもらいたいため、年齢が30代までの方を希望しているケースが多いです。40代以降になると経験者採用する場合は、スキルがある管理職を希望することが多いため、全くの未経験者の採用では、対象外になることが多いです。年齢制限を設けていることもあるため、IT業界で40代以降の方が転職活動する場合には、きちんと詳細を確認した上で転職を検討すべきです。未経験の採用は入社後に伸びるかどうかなど、きちんと確認することも重要になります。IT業界では、様々な知識が必要になるため、頭が柔らかい方や経験者などは優遇されますし、顧客対応などでスピーディに行うことも重要になります。

IT系の転職で採用されないタイプとは

IT系へ転職希望する方はとても多いです。IT系の経験者求人は、かなりの人数の方が応募してきますが、採用されないタイプの方は必ずいます。キャリア、資格、スキルを持っている方でも転職を何度も繰り返している場合は、また入社後も転職を繰り返すのでは?と思うことがあり、やはり採用は避ける傾向にあります。どうしてこの会社へ転職したいと思ったかなど、面接の際には質問しますが、入社後は仕事を覚えたり、新たなキャリアを積んでいくことになりますが、しばらく経った頃、せっかく仕事を覚えて環境に慣れた頃に転職されるのは、会社としてとても厳しい状況になるため転職数が今まで沢山あるケースは採用を避ける場合が多いです。なぜ、何度も転職を今まで行ったのか質問することもあり、やはりその点で採用をジックリ検討することになります。会社としては、人を育てることは重視しているため、簡単に転職されるのは厳しい環境になると実感しています。

IT業界はコミュニケーション能力が必要

IT業界は今成長を続けている業界です。そのIT業界に就職したい人も多くいると思われますが、中にはIT業界にはそぐわない人もいます。そうした人は中々採用されずらいのが現状です。まずどの業界でも同じですがコミュニケーションがとれない人は採用されないのが現状です。これは面接時にチェックされます。面接官は面接のプロです。多少のごまかし程度ではコミュニケーション能力不足は隠し切れません。IT業界はPC業務のイメージが強いですがシステムエンジニアなどはコミュニケーション能力を強く必要とします。それは顧客と多くコミュニケーションをとる業務である為です。次はPCが全く使えない人です。IT業界はPCの知識がないと就職はできませんが、営業なら転職できるとおもってやってくる人もいます。しかし現在営業においてもPCの知識はある程度必要です。少なくても最低限の知識は必要でしょう。そこらへんを気にする面接官から面接時に問われるので知識がないとボロが出て落とされることも珍しくありません。

動的なサイトを作れない人は採用されにくい

静的なホームページしか作れないデザイナーがアプリも制作しているホームページ製作会社に採用される可能性はあまり高くないです。静的なホームページは素人レベルのスキルでもなんとか作ることができるのであまり単価が高くないです。逆にホームページにプログラミング言語で作ったコードを埋め込むことにより動くような動的なサイトを作るのは難しいので単価が高いです。そのため、ホームページ製作会社が単価の高い動的なサイトを作りたいと思うことがありがちです。動的なサイトを作るために必要なプログラミング言語を覚えることはすぐにはできないので、プログラミングが出来ない人を雇いたいと思わない会社もいます。そのため、静的なサイト作りが得意なデザイナーは動的なサイトを作れるようになっておくと高い報酬の採用されやすいです。phpは比較的覚えやすいプログラミング言語なので静的なサイトしか作れないデザイナーでも短期間で身につけることが可能です。

クライアントから依頼されたものを作ったことがない人は採用されにくい

IT系の企業に就職すると高い給料が望めるので非常に人気が高い職種です。しかし、高い給料をもらえるような企業に勤めたいならば高いスキルを持っておく必要があります。プログラミングやサイト作りは個人でもできるので趣味でアイトやアプリを作っている人がIT系の企業に勤めたいと思うことはよくあります。しかし、趣味レベルのサイトやアプリしかつくったことがない人が採用される可能性は低いです。やはりクライアントから依頼されたサイトやアプリを作ることと個人が趣味レベルで作るものとは全く違います。クライアントから依頼されたものを作るには期限を守らないといけないし、自分の持っているスキル以上のことでも調べてしないといけないことがあります。そのためクライアントから依頼されたコンテンツを作った実績がない人がIT系の企業に就職しようとしても上手く行かないケースがあります。もし実績を作りたいならば短期でホームページやアプリ制作会社にアルバイトなどとして勤めてみると良い経験ができます。