IT関連会社でも離職歴豊かな人はノーセンキュー

IT関連会社への就職ないし転職においても、「離職歴が目立つ人」の採用はそりゃあもう避けたいですよ。なかには、「前の会社を辞めた理由は、聞かないわ」というIT関連会社の社長もいるのですが、しかしあまりにも離職歴が目立つ人には驚きも含めて思わず聞いてしまいますよ。「なんでこんなに転職を繰り返しているのかー」と。

そして、彼がすぐに会社を辞める理由として、パッと思いついてしまうのが「人間関係を築く能力がないのではないだろうか」ということですね。はたまた「忍耐力がないのではないだろうか」ということを。

IT業界だけではなく、どの業界にいても「忍耐力」は必要です。踏ん張りどころで踏ん張って、そして仕事を成し遂げることってとても大切なことなのです。離職の頻度が高い人に、耐性を言い出せるかと言えば答えは真逆だというものですから、怖いですよね…。

やはり離職歴が目立つ人は怖いです。職場放棄しそうに思ってしまいますので。ですからやはり、IT関連会社への就職におきましても、いくら技術が高くても「すぐに辞めそうな人」は採用したくないものです。迷惑するのは周囲ですから、たとえ技術があっても入れたくはないものですね。