IT系で求めているのは技術スキルだけではない

まず、IT系で求められているのはプログラミングなどの能力であると勘違いしている人は採用されにくいと考えられます。

IT系の仕事でまず思い浮かぶものとして、プログラミング言語を用いてパソコンの画面に、ただひたすらパソコン上でプログラムを組むプログラマーを上げる方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。勿論、それだけに特化した求人もありますが、これはIT業界であくまでも1つの職種に過ぎず、他にもシステムエンジニアやネットワークエンジニアなど多岐に渡っており、これらの職種で必要なスキルはプログラミング言語など技術的なものよりも相手間の交渉を円滑に進められるなどのコミュニケーションスキルに重きを置くことが多いです。

したがって、このようなことを理解せずに、ただ学生時代に打ち込んだプログラミング言語や表彰のことなどの自己アピールが強く、チーム内で作業をやってきたなどコミュニケーション面に触れていない内容をアピールする人はIT業界での採用は厳しいと考えられます。

目まぐるしく変化するIT業界の人材

日々IT技術が進化している現代において、IT人材の需要が大きく増えており、売り手市場と言われる現代においてもなかなか仕事が決まらない人がいる事も事実です。企業から採用をなかなかもらえない人材の特徴としては、新たな知識が乏しく、一昔前のITリテラシーで止まっているケースです。常に新しい技術をより効率的に企業へ導入する事が重要とされる業界において、現代に合った知識がない場合はIT業界では致命傷にもなる事があります。そのため、常に新たしい知識を身に着ける習慣をつける様にしましょう。そしてIT業界の特徴の一つとして、プロジェクトを何か担当したり、プロジェクトに関わった事がある人材が重宝されるケースがあります。そのため、過去にどの様なプロジェクトに携わったのかを職務経歴書に記載する事も重要です。常に移り変わる時代の中でITの技術と経験は採用面接の中でも大きな意味を持ちますので、選ばれる人材になるためにもこの2点には注意をしておくと良いでしょう。

IT関連会社でも離職歴豊かな人はノーセンキュー

IT関連会社への就職ないし転職においても、「離職歴が目立つ人」の採用はそりゃあもう避けたいですよ。なかには、「前の会社を辞めた理由は、聞かないわ」というIT関連会社の社長もいるのですが、しかしあまりにも離職歴が目立つ人には驚きも含めて思わず聞いてしまいますよ。「なんでこんなに転職を繰り返しているのかー」と。

そして、彼がすぐに会社を辞める理由として、パッと思いついてしまうのが「人間関係を築く能力がないのではないだろうか」ということですね。はたまた「忍耐力がないのではないだろうか」ということを。

IT業界だけではなく、どの業界にいても「忍耐力」は必要です。踏ん張りどころで踏ん張って、そして仕事を成し遂げることってとても大切なことなのです。離職の頻度が高い人に、耐性を言い出せるかと言えば答えは真逆だというものですから、怖いですよね…。

やはり離職歴が目立つ人は怖いです。職場放棄しそうに思ってしまいますので。ですからやはり、IT関連会社への就職におきましても、いくら技術が高くても「すぐに辞めそうな人」は採用したくないものです。迷惑するのは周囲ですから、たとえ技術があっても入れたくはないものですね。

技術にこだわりすぎてコミュニケーションをないがしろにしてはだめ

IT会社によくいるのが、技術力があればいいのでしょう!という態度をとっている方です。しかし、プロジェクトはチームで活動します。どれだけ高い技術力をもっていても、他のメンバーと円滑なコミュニケーションがとれなければいけません。面接の段階で、そのような意識が見えると採用されないでしょう。面接では時折笑顔を見せて面接官と円滑にコミュニケーションをとらないといけません。これが現場で働くうえでのイメージになるのです。面接官とコミュニケーションがうまくとれなければ、プロジェクトがピンチをむかえたとき、メンバーと一緒に頑張って乗り越えることは難しいと思います。面接官は、そういうところをみています。他にも面接で見られているところは、椅子の座り方です。手すりがある椅子であっても手をかけずにひざの上に置いておく方が良いでしょう。椅子には深く座り、堂々とした雰囲気でいます。しっかりした印象を面接官に与えるのです。こういったからだで示すコミュニケーションも大切です。

IT企業で採用されない人

わたしは、システム開発の仕事をしています。IT企業で就職、転職を採用されない方は、経験が浅かったり、未経験者が多いと思います。あと、この業界のこともあまり知らない人ですね。特に大企業は、そのような傾向が強いのではないでしょうか。どちらかというと、資格取得者や開発の経験者が採用されやすいです。中小企業であれば人材を確保が売り上げに直結しているので、未経験者でも採用される可能性が高いと思います。そうはいっても経験がないので、仕事に対しての熱意や会社にどのように貢献していきたいか、将来どうしたいかを明確に自己PRができなければ採用されない可能性が高いです。あとは、面接を受けたとき、その会社の経営者の方と相性が合うかどうか、話が合うかどうかも重要なポイントとなると思います。これからこの会社で社員になって、教育を受けて自分を育ててくれる会社にどう恩返しができるかも重要だと思います。就職することは自分のエネルギーがないと採用されません。

IT企業の面接官から見て「採りたくない人」とは

IT企業の面接官から見て採りたくない人には、以下のような特徴があります。

一つ目は、「意欲が感じられない」。

「御社の仕事に関心があるので、応募しました」と言いつつ、それについて自分で勉強はしていない。

「アプリの開発に関心がある」と言いつつ、特に行動は起こしていない。

「Web開発の職に就きたい」と言いつつ、基礎的な知識がなく、キャッチアップしようという姿勢も見られない。

このような感じでは、やる気があるとは思えません。

二つ目は、「考えが浅い」。

転職の理由がはっきりしていない。

話が具体的でない。

応募した理由や、将来的にどのようになっていたいのかということが明確になっていない。

これでは、考えが浅いといわれても仕方ありません。

特に、30代以上になると、「なぜ転職しようと思ったのか」ということが厳格に問われます。

その際に、「今の会社は、給料が安いから」などという答えしかできないと、年のわりに浅い考えしか持っていないと思われてしまいます。