IT業界転職においてもコミュニケーションは大事

IT系への就職および転職において、「よっぽどの事情がない限り確実に採用されないであろう人」と言えば、やっぱり「人並みのコミュニケーションが取れない人」ですよ。

IT業界は技術屋さんが多いという印象からかコミュニケーション能力が乏しい人でも仕事ができていけるというイメージを持っている人も多いでしょうか。

しかし実際は違うんですから。その度合いにもよりますけれど、やっぱり「人並みのコミュニケーションが取れること」は、とてつもなく大切なことですよ。

逆に言えば、一般レベルのコミュニケーションも取れないようでしたら、会社では扱いづらいものですし、それにプロジェクトとして仕事をする場合に、コミュニケーションが取れないことは死活問題ともなりますので、そういった人は採用を見送りますね。

面接という短時間においても、「あ、コミュニケーション能力に難アリだな」と思ってしまうような人は、よっぽど人がいない場合を除いては、採用を見送るでしょうね。残念ながらIT業界においても、コミュニケーションを取れない人はやっていきづらいかと思います。