IT会社においても不健康な人はノーセンキュー

IT系への就職においても、健康状態が悪そうな人はそこは「ノーセンキュー」だという傾向はありますね。私がIT関連会社で面接試験を担当している一人であった時も、やっぱり「健康状態が良好であること」は重視しましたから。

IT関連会社にしてもそうなのですが、デスクワークの仕事となりますと、健康状態が良くなくてもできると勘違いしている人もいるのですよね。そしてIT関連会社となると、「たとえ健康状態が良くなくても、パソコンが使えればできる」ぐらいの勘違いをしている人もいるわけです。

しかし、そこで私はきっぱりと「それは違う!」と言いたいわけです。「デスクワーク」は机の前に座っているだけではないですからね。座っていても頭はフル稼働させていないといけないのです。

ですから体力は必要です。それにパソコンが使るだけでは、「はい、じゃ仕事お願いします」なんて任せることはできませんからね。それに教え込むにしてもまずは「体力」ですから。長丁場の作業となればひたすら体力との勝負です。だからこそ、IT関連会社においても、健康そうな人は好まれるのです。そして反対に不健康そうな人は…ノーセンキューとなりますね。