コミュニケーション能力が低い人の転職採用は難しい

IT関係の職種への転職でも、他の業界と同様に転職回数が多かったり、部門内のコミュニケーションを築くのが難しいことが面接などを通じてわかったりした場合、採用したくないと思われても仕方ないと思います。

なぜなら、IT関係の職種にはシステムエンジニアやネットワークエンジニアなど多岐に渡りますが、いずれの場合も、一つの製品を作っていく中で、チーム間の情報共有などの連携は欠かせないものであり、場合によっては顧客との折衝もあり、これらを熟すにはコミュニケーション能力が低いと難しいからです。

また、転職回数が多い場合も短期間で会社を辞めてしまうのではないかという心配があり、部門間でコミュニケーションを築くには3年など、ある程度の年数が必要な場合が多いため、チームメンバーの一員としての役割をしっかり果たせない人とみなされるケースも十分にあります。

逆に、面接などの選考過程において、チーム内で果たしてきた役割や顧客との打ち合わせの際、円滑に物事が進む手法などの実績をアピールすれば、転職回数が多くても有利に働く可能性があります。