転職の理由が答えられないとだめ

IT業界に限ったお話ではありませんが、色に当たって面談の時にきちんとした理由が答えられないタイプは採用したいとは思いません。なんといってもIT業界は特殊な働き方を行うこともあり何らかのトラブルがあって転職をすることが多いからです。もちろん自分自身のステップアップのために転職を行うということが明らかに分かれば問題なく採用したいとは思いますが、このタイプではなければ優れた実績やスキルを持っていても採用するのは厳しいと考えなければなりません。
実際にIT業界で転職の面談にあたってはきちんとした理由を説明できるかどうかは面接官としても聞いていればすぐにわかるところです。虚偽の回答するような場合は間違いなく採用できません。
対人コミニケーションや何らかのトラブルで転職を行わざるをいかなくなったタイプに対しては追求をしてしっかり突き止めることを採用側としてもミッションとしたいと考えています。厳しいようですがこれが仕事です。