IT系への就転職で採用されない理由の一つは年齢

IT系への転職において採用されない理由の一つに「年齢」があります。
40代以上だと、まず無理といってよいでしょう。
それは、企業から見て、以下の点で問題があると思われているからです。
一つ目は、「柔軟性」。
ベテランのエンジニアなどだと、下手にキャリアに自信があるため、会社に合わせるのは困難なことが多々あります。
二つ目は、「成長性」。
IT業界は変化が激しいですが、ベテランのエンジニアは変化に適応する意欲が乏しいので、付いて行けないと思われがちです。
三つ目は、「体力」。
IT業界は、労働時間が長いことでも知られていますが、40代ともなると体力が落ちてくるので、無理が利かなくなってきます。
四つ目は、「収入」。
たいていの企業では、年齢に対応した給与を支払うべきだと考えており、出費が増えてくる40代以上をベースに、給与制度を設計しています。
ですから、その年代の人を新たに雇うというのは、企業にとっては割高になりがちなのです。